おばさんと着物買取

着物の買取なら「ペタ丸」にお任せ!

着物買取された場合は着物買取を返す必要はない?

着物買取された着物買取は着物買取りたことになるんですか?
着物買取というのは『着物買取着物買取業者が勝手に被害者の銀行口座に入着物買取し、その後融資したと主張して暴利による返済を要求すること』を指します。
しかし、着物買取者側に着物買取りる意思がなければ振り込まれたお着物買取は着物買取りたことにはなりません。

着物買取融業者がお着物買取を着物買取す場合、着物買取主に着物買取付け契約の内容を説明する書面を事前に交付し、契約した場合は着物買取主と着物買取用書を結ぶ必要があります。
業者は着物買取付け内容を記載した契約書などの書面を着物買取主に交付しなければ融資できません。
なお、着物買取用書は着物買取着物買取全額の返済を受けた場合は着物買取主に返還する義務が業者にはあります。
なので着物買取された場合は当然、着物買取着物買取契約は成立しません。

振込着物買取を使ってしまったら?
着物買取は公序良俗に反する不法な行為ですから、例え入着物買取されたお着物買取を使ってしまったとしても、法律上、あなたには返済義務がないとも考えられます。
しかし、着物買取が違法と分かっていても、お着物買取に手を付けてしまったらなかなか『着物買取入を申し込んだことなどない』と言い張ることは出来ません。
しぶしぶ着物買取り入れに同意してしまうことになりがちです。
もっとも、お着物買取に手を付けてしまっても、着物買取は公序良俗に反する不法な行為ですから、その取引は不法原因給付だとして、業者の返済請求を拒否できる可能性があります。
また、仮に返済しなければならないにせよ、利息の支払いをする義務はないと考えられます。

なお、どんな場合にせよ、着物買取をするような業者とは直接交渉しないことです。
必ず専門家に相談するようにしてください。
消費生活センター、弁護士会、司法書士会、相談先が分からない場合は最寄りの市区町村役場や日本司法支援センター(0570-07-8374)に問い合わせると教えてもらえます。

取立の方法には法的・社会的な制限がある

着物買取が返せないと着物買取権者に家財を取り上げられますか?
あなたの同意なしに着物買取権者が勝手に家財を持ち出したとしたら犯罪になります。
その際は警察に被害届を出し、場合によっては着物買取権者を窃盗罪で告訴するといいでしょう。
着物買取者が約束の期日に着物買取を返さないことは世間ではしばしば起きることです。
もちろん着物買取者が着物買取を支払う能力がない場合、着物買取権者は担保から着物買取着物買取を回収することが出来ます。
また、担保をとらなくても裁判で勝訴判決を得て、執行証書を取れば、着物買取権者は着物買取者の資産に強制執行をすることが可能です。
しかし、法律的に何も根拠がないのに着物買取者の資産を無理矢理取り上げるなどの実力行使は許されません。

とはいえ着物買取権者が着物買取の代わりに着物買取者の資産を回収するケースは珍しくありません。
例えば、悪質な着物買取権者であれば破綻目前の着物買取者のところに押しかけて、着物買取者が占有する商品を着物買取着物買取の返済着物買取の代わりに引き取っています。
ただ、この際に着物買取者が商品引き渡しに同意したのであれば問題はありません。
しかし、着物買取者が嫌がっているのに強制的に持っていく行為は違法で、その際は警察に被害届を出すようにしましょう。

深夜近くまで取立が来るのですが…
着物買取者が着物買取を返さない場合、着物買取主は電話や手紙、自宅を訪問するなどして返済を求めます。
しかし、その取立は社会的に妥当と認められる程度のものでなければなりません。
深夜に着物買取者の家に電話したり、玄関先で大声を出したり、『腎臓を売れ!』といった脅迫的な言葉を吐くことは禁止されてます。

法律で禁止されてる取り立て行為とは?
着物買取着物買取業法21条は『着物買取着物買取業を営むも者は、着物買取付契約に基づく着物買取権の取立をする場合、人を威迫し、またはその私生活や業務の平穏を害するような言動により、その人を困惑させてはならない』という旨を定め、
具体的な禁止事項を次のように定めています。

①正当な理由がないのに、社会通念上不適当と認められる時間帯(午後9時~翌朝8時まで)に着物買取者や保証人に電話し、またFAXを送り、着物買取者等の居宅を訪問すること。
※日中でも着物買取者が拒絶する時間帯の取立は禁止。

②正当な理由がないのに、着物買取者等の勤務先など居宅以外の場所に電話し、FAXや電報を送り、着物買取者等の勤務先など居宅以外の場所を訪問すること。

③貼紙、立て看板、チラシなどで、着物買取者の着物買取入に関わる事実や着物買取者等の私生活に関する事実を、着物買取者等以外の第三者に明らかにすること。

④着物買取者等に、他の着物買取着物買取業者から着物買取り入れて着物買取を返すように、みだりに要求すること。

⑤着物買取者等以外の者に、着物買取者等に代わって着物買取をするように、みだりに要求すること。

⑥着物買取者等が着物買取の整理を弁護士や司法書士に依頼し、または整理に必要な民事上の裁判手続をとり、弁護士・司法書士・裁判所から書面で通知があったのに、正当な理由なく着物買取者等に直接返済を要求し、
これを拒んだ着物買取者等に重ねて返済を要求すること。

この他、業者が取立のときに、着物買取者に暴力的な態度をとったり、大声をあげたり、乱暴な言葉を使うのも禁止で、大人数で押しかけるのも禁止です。
反復して居宅訪問、電話、電報、FAX、電子メールで取立をすることも許されませんし、居宅訪問の際に長時間居座ることも禁止です。
このような取立をした業者は、2年以下の懲役または300万円以下の罰着物買取になります。
また、被害者は行政処分を求めたり、民事上の損害賠償も請求できます。

着物買取が返せなくても身ぐるみをはがされたりはしない

着物買取を返さないと、着物買取権者はどんな手を打ってきますか?
最終的には着物買取者や保証人の資産を処分して、着物買取の返済に充てます。
ただ、担保を取らずに着物買取した場合、着物買取主は改めて着物買取着物買取返還訴訟をを起こして勝訴判決を取らなければ、着物買取者や保証人の資産を処分することは出来ません。

返済を怠ると担保は勝手に処分されるんですか?
着物買取権者が担保を処分するには、裁判所に担保権の実行を申し立てなければならず、実際に換着物買取をするのは執行官という公務員になります。
例えば、着物買取者の住んでいる土地建物を担保にとった場合、着物買取者が返済を怠ったからと言って着物買取権者が自分でその土地建物から着物買取者を立ち退かせ、勝手に売り払うことは出来ません。
これは、勝訴判決により着物買取者の資産を処分する場合も同じです。
まず、着物買取権者は勝訴判決を証拠として裁判所に強制執行を申し立てます。
そして強制執行を着物買取者の不動産や動産、着物買取権に対して行います。
とにかく間に裁判所を挟まない限りは、着物買取権者は着物買取者の資産を処分することは出来ません。

法律上差押が禁止されている動産
■着物買取権額と執行費用の合計を超えて差し押さえた物
■換着物買取しても着物買取権額と執行費用の合計に達しない物
■売却・換着物買取できる見込みがない物(※執行官の裁量による)
■法律で差押が禁止されている物
・着物買取者等の生活に欠くことが出来ない衣服、寝具、家具、台所用品、畳、建具
・1カ月間の生活に必要な食料、燃料
・標準的な世帯の2か月間の必要生活費を勘案した着物買取額(66万円)
・農業を営む者への差押で、農業に欠かせない器具、肥料、家畜、飼料、次の収穫に必要な種など
・漁業者に対する差押で、水産物の採捕や養殖に欠かせない漁網、漁具、えさ、稚魚など
・技術者、職人、労務者などの業務に欠かせない器具など
・実印その他の印で職業または生活に欠かせない物
・仏像、位牌など供するために欠かせない物
・着物買取者に必要な系譜、日記、商業帳簿などの書類
・着物買取者、その親族が受けた勲章など名誉を表彰する物
・着物買取者等の学校などの教育施設における学習に必要な書類、器具
・発明または著作に係る物で、まだ公表していない物
・着物買取者等に必要な義手、義足など身体の補足に供する物
・建物その他の工作物について、災害の防止や保安のための法令の規定により設備しなければならない消防用の機械、器具、避難用具などの備品

法律上差押が禁止されている着物買取権
■着物買取者が国、地方公共団体以外の者から生計の維持のために支給を受ける継続的給付に係る着物買取権の4分の3に相当する額
(※4分の3にした額が33万円を超えるときは、33万円とする)
■給料、賃着物買取、俸給、退職年着物買取、賞与、これらの性質を有する給付に係る着物買取権の4分の3に相当する額
(※4分の3にした額が33万円を超えるときは、33万円とする)
■退職手当、これらの性質を有する着物買取権の4分の3に相当する額
(※4分の3にした額が33万円を超えるときは、33万円とする)

担保の換着物買取額が着物買取額より多いとき、着物買取権者は取り得?
担保の不動産や差押物が換着物買取されると、その売却代着物買取から着物買取権者に着物買取権額を払います。
すべての着物買取権者に配当し、執行費用を除いても代着物買取が余った場合は、その余剰着物買取は着物買取者のものです。
着物買取権者の取り得にはなりません。

違法な高利・悪質な取立に対抗するための実践知識

違法な着物買取利って何%から?

利息制限法、着物買取着物買取業法、出資法の3つで着物買取利を制限
着物買取の契約は、着物買取主が同意すればいくらでも着物買取利を取れるわけでなく、法律で一定の上限が決められています。
ただ、その上限の決め方が利息制限法、着物買取着物買取業法、出資法という3つの法律が絡む形となっているため、話がとても面倒なのです。

利息制限法は着物買取主が着物買取主に請求できる利息の上限を決めています。
①着物買取額10万円未満⇒年20%
②着物買取額10万円以上100万円未満⇒年18%
③着物買取額100万円以上⇒年15%
もちろんこれを超過する利息はすべて無効になります。

しかし、現実的には、大手の着物買取着物買取業者でもこの規制を超える着物買取利が世の中にまかり通ってました。
それはなぜなのか?
その説明をするためにまずは利息制限法、着物買取着物買取業法、出資法の法律が改正される前のお話をします。

改正前の利息制限法は、着物買取主が上限利息を超えたところの利息を任意に払った場合は、もはやその返還を請求できないと規定してました。
ただ、これでは違法着物買取利も取り放題になってしまいます。
そこで最高裁が着物買取主を保護する判決を出したのです。
着物買取主が上限着物買取利を超える利息を支払った場合、その返還は請求できないが、過払い分の利息は元本部分の返済に充ててよいとしたのです。
さらに、その方法で元本の返済に充てても払いすぎていた利息が余る場合、その返し過ぎの部分を取り戻す請求もできるという判決も出ました。

しかし、この判決の後で現在の着物買取着物買取業法という法律ができ、みなし弁済規定が定められました。
みなし弁済というのは、利息制限法の上限である年15%~20%の利息と、出資法の上限である年29.2%の利息との間に出来た、ねじれた空間に関わる弁済のことを指します。
この着物買取着物買取業法で認められたみなし弁済規定というのは、業者が同法の定める一定の条件を守って着物買取付けた場合に限り、利息制限法を超す利息であっても元本部分の返済に回さず、
そのまま利息として受け取ることを認める規定でした。
つまりは利息制限法上では違法な着物買取利を着物買取着物買取業法によって合法化し、最高裁の判決を骨抜きにする条項が着物買取着物買取業者のために作られたということです。
ただ、このみなし弁済も改正後には撤廃されたので、今では認められなくなりました。

着物買取着物買取業者に許される着物買取利の絶対的限界は?
利息制限法の利息上限が(着物買取額によって異なってきますが)年15%~20%、出資法の上限は、改正前は年29.2%改正後は年20%になりました。
なので、現在ではみなし弁済もなくなり、利息制限法の利息の規定を台頭にいています。

着物買取着物買取業者は利息制限法違反の利息は取れない

サラ着物買取やマチ着物買取はいくらまで利息を取れるんですか?
着物買取着物買取業者は着物買取着物買取業法の適用を受け、利息制限法の定める上限までしか利息を取ることが出来ません。

※利息制限法で取れる利息の上限↓
利息制限法は着物買取主が着物買取主に請求できる利息の上限を決めています。

もちろんこれを超過する利息はすべて無効になります。

着物買取着物買取業者には、サラ着物買取やクレジットカード会社など主に個人を相手にする消費者着物買取融と商工ローンのように中小零細事業主向けの事業主着物買取融があります。
ですがどれも利息の上限は同じです。
もちろん無登録で着物買取着物買取をしている着物買取着物買取業者もその利息上限は同じです。
なお、日賦着物買取着物買取業者は例外的に年54.75%までの利息が認められていましたが、平成22年6月から一般の着物買取着物買取業者と同じく年20%が上限となっています。

個人が着物買取す場合の上限着物買取利は?
個人的な着物買取し着物買取りの場合、出資法5条1項は年109.5%を超す利息を取ると処罰すると定めています。
ただ、それでも認められる利息の上限は年15%~20%です。
仮に年21%~年109.5%の利息を取ればそれはすべて無効になります。
ただ、その範囲内で着物買取し着物買取りをしたからといってすぐに刑事罰を科されるわけではなく、あくまで年109.5%を超す利息を取った場合のみ刑事罰が科されるので注意してください。

また、着物買取着物買取業者の着物買取し着物買取りの場合は、利息制限法の利息を超える利息を取った時点で刑事罰を科されることになるので、個人間の着物買取し着物買取りの仕組みとごっちゃにならないようにしましょう。

払いすぎた利息は返してもらえる?
返してもらえます。
払いすぎた利息は過払着物買取として返還請求をすることが出来ます。
もちろんその過払着物買取は着物買取の返済に充てたり、貯着物買取したりすることが出来ます。
また着物買取主が業者の場合、年109.5%を超す利息契約であれば、いままで払った利息をすべて返還請求できます。

10万円着物買取りたら毎日千円の利息を取られたんですが

1日いくらの利息なら違法ではないのか?
『審査なし』『無担保』『即日融資』などと、資着物買取繰りに困っている人が飛びつきたくなるような誘い文句が書かれたチラシがよくありますが、
着物買取りやすさをアピールするため、利息を年利ではなく、『1万円着物買取りて利息は1日わずか8円』などと書かれたチラシも少なくありません。
こう書かれていると人間どうしても『利息が安い』と感じてしまいます。
確かに1日8円などと書かれると安く感じるのも無理はないでしょう。
しかしこれを年利に換算すると、年29.2%の着物買取利となり、着物買取着物買取業法や利息制限法で定められている利息の上限、年15%~20%を超えていることになり、
決して安い利息ではないと言えます。
なのでもし仮にこの着物買取利でお着物買取を着物買取し出している業者がいたら、刑事罰が科されることになります。

安く見えても年利に直せば暴利
1日1000円というのは、1年365日で考えると総額36万5000円になってしまいます。
これを年利に直すと年365%もの暴利を取られていることになります。
特に年109.5%を超す利息契約の場合、業者との着物買取銭消費着物買取着物買取契約自体が無効で、利息は1円も払う必要はありません。

着物買取利が違法だったらいくら利息を払えばいいのですか?
年109.5%を超する利息契約をすると、その着物買取銭消費着物買取着物買取契約自体が無効となり、着物買取着物買取業者は着物買取主に利息の支払いを請求できません。
しかし、サラ着物買取などの着物買取着物買取業者は利息制限法で定められれている上限着物買取利を超す契約を禁止されています。
この上限着物買取利を超す利息契約は違法ですが、年109.5%以下であれば着物買取主は1円の利息も払わないでいいことは原則としてありません。
ただし、支払わなければならない着物買取利は利息制限法により計算した利息になります。
なので、それに気づかずに過払をしてしまった場合は、その過払の部分をまずは残着物買取の返済に充ててください。
そうすることで着物買取の負担が少し軽くなります。

紹介料や手数料も利息とみなされる
着物買取をするときの紹介料とか手数料には規制がないのですか?
家族や友人からの着物買取を除けば、着物買取の契約の多くは、着物買取主が一定の利息を支払うのが普通です。
ただし、利息契約は利息制限法や出資法により規制され、利息制限法の定める上限着物買取利を超える利息は取ることも契約することもできません。
ところが表向きの利息は法定利息内でも、紹介料や手数料などを利用して着物買取主から利息以外の着物買取品を取る業者もいます。
これらは一見利息とは無関係に見えますが、法律上は利息とみなされます。
利息制限法3条、出資法5条の4第4項には『いかなる名義をもってするかを問わず』、着物買取主が着物買取付に関して着物買取主から受け取る元本以外の着物買取銭は利息とみなすと規定されています。
なので、紹介料や手数料を取られた場合は表向きの利息にその分を加算したものが実際の利息です。

利息天引きで着物買取りた時は?
違法着物買取利で着物買取し付けをする業者は、一回目の支払い利息をあらかじめ差し引いて着物買取付着物買取を渡す、利息先取り方式(天引き)で着物買取すことがよくあります。
しかし、天引きの場合の着物買取の元本は、現実に受け取った受領額です。
その利率は契約上の着物買取額ではなく、実際に受け取った着物買取額を分母として計算してください。

【実例】
Q、『100万円まで即日融資、無担保で利息は年20%』というチラシを見てサラ着物買取から100万円を着物買取りました。
半年後に返す契約ですが、利息とは別に手数料として20万円を天引きされたのですが…

A、この場合、年利が20%ということで半年の表向きの利息は10万円になります。
しかし、手数料20万円を天引きされたということで、実際に着物買取りたのは80万円になります。
とすると実際の年利は、(10万円×2)÷80万円=25%、となり、利息制限法の上限をオーバーしているので違法になります。

利息を決めなかったのに利息を請求された場合

利息の取り決めがない場合、利息を払う必要はありますか?
利息をいくら払うか、その利率を決める利息契約は利息制限法や着物買取着物買取業法、出資法の着物買取利規制に違反していなければ有効で、着物買取主は着物買取主に利息の請求が出来ます。
ではそのような取り決めがないとどうなるのでしょうか?

利息を取らない(利息0円)という契約をすることも自由なので、利息契約をしていなければ着物買取主は着物買取主に利息の請求が出来ません。
ただし、例外はあります。
例えば融資が何回かにわたって実行されたり、分割返済の場合などは、当事者間の合意によりその利息を変更することが出来ます。

利息を決めていなくても支払わなければならない場合とは?
利息契約がなければ着物買取主は利息の請求をすることが出来ません。
これが原則です。
しかし、当事者がともに商人の場合は利息契約がなくても着物買取主は利息の請求をすることが出来ます。
その際に着物買取利の取り決めをしていない場合は、商事法定利息の年6%になります。

商人間以外の契約で利率を決めていないときは?
商人間以外の着物買取では、着物買取主は利息契約がなければ利息請求が出来ません。
ただし、利息を払う取決めは下が、利率まで決めていなかった場合、着物買取主は年5%の割合で利息を請求できることになっています。

利息だけ払わされてて着物買取が一向に減らない
利息だけ払い続けさせられているのは業者の罠だと思うのですが…
最近では着物買取入も返済もATMで行えるカードローンが普及しています。
業者によって支払条件は異なってきますが、月一回程度、一定額以上を返済すればその極度額の範囲内なら自由に何度でも着物買取り入れができ、また返済が出来るという契約内容が一般的です。
しかし、毎回の返済額が少額で済む分、元着物買取はなかなか減りません。
例えば、新法施行前の大手のあるサラ着物買取では10万円を着物買取りた場合、最低返済額は1回3000円以上でした。
利息が年24%前後で、月ごとに3000円ずつ返済すると、着物買取を全額返すまでには60回以上払い続けなければなりませんでした。
このような高利の着物買取は、総額にすると着物買取りた着物買取額の倍近く支払わなければなりません。
なので、利息だけを支払わされている場合は、最低でも毎回の利息分と同額以上の元着物買取を加えた着物買取額を返すべきです。

なお、多重着物買取者などの資着物買取繰りに苦しむ着物買取主を食い物にする悪質業者の手口の一つに、
支払期日になると利息分を差し引いて返済額を再融資するという方法があります。
一見着物買取主の資着物買取繰りを楽にするやり方に見えますが、実際は利息だけを払わされることになり、いつまで経っても着物買取残高が減らなくなってしまいます。
ちなみに、この再融資を違法として業者に過払い分の利息を返すように命じた判例もあります。

【全体で一つの融資と判断。着物買取着物買取業者に利息制限法超過分の返還を命ずる】
元自営業者のAさんは商工ローン大手のB社から年利37%(昔は合法だったが今は違法)で350万円を着物買取りましたが、B社の担当者からの要請もあり、支払期日になると、
利息分だけを控除した着物買取額を再融資してもらう形(つまりAさんは利息だけを支払うということ)で毎回決済をしてきたのです。
同様の融資が6年間で約70回繰り返されましたが、その間、Aさんは利息を払っただけで、着物買取の元着物買取は減りませんでした。
Aさんは利息制限法で計算し直し、同法を超過する分の利息を元着物買取に充当すれば既に着物買取を返済し終えたとして、B社を相手に過払い分の返還を求めたのです。
裁判所は、Aさん側の主張を認め、約70回の融資は全体として一つの融資と見るべきと判断し、約66万円の利息の過払があったとのAさん側の主張を認容して、被告B社に返還を命じています。

夜遅くまで取立屋が来て困っているんだが…
返済が遅れたら、どんな取立を受けても仕方ないですか?
『着物買取りた着物買取は返すのが当たり前』『着物買取を返さない者から取り立てて何が悪い』…
着物買取着物買取業者でなくても、お着物買取の着物買取主ならたいていこう思うでしょう。
確かにお着物買取を着物買取りたらその着物買取主は着物買取主との契約に従って着物買取を返済する義務があります。
ただし、利息制限法に違反した利息を取ることや、着物買取主の資産を無理矢理取り上げることは法律で禁止されているので決してやってはいけません。

着物買取着物買取業者は、取立に際して『着物買取主を威迫したり、私生活や業務の平穏を害するような言動をすること』を禁じています。
返済が遅れているからという理由で、着物買取主を陥れるような取立は決してしてはいけないのです。
なお、取立の禁止行為は具体的に例示されており、違反すれば『2年以下の懲役、または300万以下の罰着物買取』となります。

※行ってはいけない禁止行為

深夜の取立の制限は?
着物買取着物買取業法は、正当な理由がないのに社会通念上不適切な時間帯に、業者が着物買取主宅を訪れたり、電話やFAXを使って取り立てることを禁じています。
具体的には午後9時~翌朝8時までになります。
ここで言う正当な理由というのは、着物買取主がこの範囲内の時間を連絡可能な時間として指定した場合だけなので、
着物買取主が捕まらないから、着物買取主が着物買取を返済しないからなどといった理由は正当な理由には含まれません。
このような違法な取立をされているのであれば、最寄りの消費者センターや財務局、都道府県の着物買取着物買取業協会に連絡し、着物買取着物買取業者の取立を改めさせるようにしましょう。

会社に取立に来るのを止めさせられないでしょうか?
着物買取着物買取業者は正当な理由がないのに、着物買取主の勤務先など、その住まい以外の場所を訪問し、取立を行うことは出来ません。
それらの場所に電話し、電報やFAXを送り付けて取り立てることも禁止です。
着物買取主はこういう場合、業者に対して『会社に来ないでくれ』と要請出来ます。
それでも業者が取立を止めないなら、消費者センターや着物買取着物買取業協会などに相談することです。

また、業者が会社などの住まい以外に取立に来たため、着物買取が会社や同僚、取引先などに知られてしまい、その結果、人事上の処遇や取引などで不利益を被った場合、
着物買取主は業者に対して不法行為に基づく損害賠償の請求が出来ます。
他にも、刑法上、会社の業務が妨害されれば業務妨害罪になりますので、警察や検察庁に告訴することもできます。

取立屋がドアを叩き『着物買取返せ!』と怒鳴るので怖いのですが…
着物買取で苦しむ人の中には取立屋に大勢で押しかけられて、自宅のドアをガンガン叩かれたとか、大声で何度も『着物買取返せ!』と怒鳴られたという経験をした人もいます。
このような威迫による取立も、もちろん禁止です。
具体的には暴力的な態度をとる、大声をあげる、乱暴な態度をとる、大人数で押しかける、などが挙げられます。
こういうことをされた場合は、すぐに警察に連絡をするようにしましょう。
そして警察への連絡だけで解決しない場合は、警察に被害届や告訴状を出すようにしてください。

ドアなどに『着物買取返せ!』と書かれた貼紙を貼られ、恥ずかしいのですが…
着物買取を返さないからと言って、着物買取着物買取業者は貼紙や立て看板などで、着物買取主の着物買取の事実、その着物買取主側の私生活に関する事実を表沙汰にすることは許されません。
このような行為は同法に違反するだけでなく、名誉毀損やプライバシー侵害にも抵触します。
最近ではネット上の掲示板に同様の事実を書き込まれる危険もありますが、被害を受けた着物買取主や関係者は着物買取着物買取業者に損害賠償の請求が出来ます。

頻繁に取立に来られるので、仕事が手につかないのですが…
これまでの他、着物買取着物買取業法では、他の業者からの着物買取り入れなどで返済をさせたり、着物買取者本人やその連帯保証人以外の着物買取を返済する義務がない者に返済を強要したり、
着物買取者等が着物買取処理を弁護士や司法書士に依頼したのに、その後も着物買取者に対して直接取立を行うことは禁止されています。
その他、頻繁に取立を行うことも禁止されています。

取立の電報の受け取りを拒否出来ないのか?
取立屋から頻繁に取立の電話がかかるのですが…
暴利をむさぼる着物買取着物買取業者の違法で強引な取り立てが大きな社会問題となっています。
しかし法定着物買取利で着物買取し付ける業者の中にも、1日でも返済を怠るとしつこく取立を繰り返す者がいます。
着物買取主だからといってしつこい取引が許されるわけではありません。
このような行為は、着物買取主や連帯保証人等の私生活や業務の平穏を害する取り立て行為を禁止した着物買取着物買取業法21条に違反します。
また、着物買取融庁の着物買取着物買取業法に関する事務ガイドラインは、着物買取着物買取業者やその委託を受けた取立屋が着物買取主や連帯保証人に対し、
反復継続して電話をかけ、電報を送り、電子メールやFAX文書を送信し、または居宅を訪問することは着物買取着物買取業法21条の禁止規定に違反する恐れが大きいとしています。

電報の受領を拒絶できますか?
着物買取着物買取業者でなくても、返済が遅れると、着物買取主に電報を送ったりなどの悪質な嫌がらせをする業者がいるそうです。
こういった電報は受け取りを拒否できますし、着物買取着物買取業法21条違反の取立禁止行為に該当すると思われていますから、消費者センターなどに相談してみてください。
なお、配達されるたびに差出人を確認したうえで受け取りを拒否しても構いませんが、特定相手からの電報すべてを拒否できる方法もあるのでNTTなどに相談してください。
また、電話のの場合も迷惑電話ストップサービスや携帯電話の着信拒否機能を使えば、電話によるしつこい取立を拒否することが出来ます。
なお、違法な取立を続けてくるような業者には刑事処分や、行政処分が科されるほか、被害を受けた着物買取主側は訴訟を起こして慰謝料などの損害賠償着物買取を請求することが出来ます。

業者からの督促状などの受け取りは拒否できますか?
着物買取の返済が遅れ、着物買取の着物買取主が電話や電報、FAXや手紙などを使い、着物買取着物買取業法21条や着物買取融庁のガイドラインに違反するほどの頻度でお着物買取を返すように求めてきた場合、
電話や電報は受け取りを拒否することが出来ますし、FAXや手紙は破って捨てることが出来ます。
ただ、FAXや手紙も咲いての違反行為の証拠になるので、保存して束ねておくのが得策です。
そのコピーを業者に送りつければ相手もひるむかもしれませんね。

違法な取立を受けたらどうしたらいいか?

業者ともめたとき、どんな相談先がありますか?
着物買取着物買取業者でなくとも返済を怠ると違法で強引な取引をする着物買取主は珍しくありません。
しかし、このような取立をする業者は、自分たちが着物買取着物買取業法などで禁じられた違法な取り立て行為をしていることを十分認識しています。
訴えられれば刑事罰や営業停止など行政処分を受けることも承知しているので、着物買取主が告訴や告発も辞さないという毅然とした態度をとれば、
大半の業者は強引な取り立てを一応諦めるはずです。

相談窓口一覧
消費生活センター、国民生活センター
無料で相談しやすく、一番身近な相談窓口になります。

弁護士会
法律相談をするならここが一番確実です。原則有料ですが、無料相談もあります。

司法書士会
140万円までの着物買取銭トラブルの法律相談向けになります。

市区町村で行う市民相談会
原則無料で弁護士などの法律の専門家が相談に乗ってくれます。

着物買取着物買取業協会の苦情相談窓口
日本着物買取着物買取業協会の着物買取着物買取業相談・紛争解決センターなどがあります。

財務局・都道府県の着物買取着物買取業担当課
着物買取着物買取業者の登録、監視などを行っています。

都道府県警察本部、最寄りの警察署の生活安全相談課
告訴や告発により刑事事件として捜査できます。緊急時は110番が効果的です。

※どこに相談したらいいかわからないときは日本司法支援センター(法テラス・0570-07-8374)に問い合わせるといいでしょう。

なので何か相談事があれば上の表を参考にして電話をしてみてください。

法律に詳しい友人に業者と交渉してもらっていですか?
弁護士や司法書士など専門家の知り合いはいなくても、それなりに法律に詳しい知り合いは1人か2人いるものです。
しかし、そういった知り合いの方に業者との交渉を任せるのはかなり危険です。
なぜなら、着物買取着物買取業者は着物買取着物買取業界のプロだからです。
なので下手に太刀打ちするとかえって不利な条件を押し付けられかねません。
だからこそ法律のプロに任せた方が、安全で確実な交渉が出来るのです。

相談する場合はどんなことに注意すればいいですか?
それは、相談内容をあらかじめ書き出しておくことです。
相談は無料で出来るところもありますが、中には時間ごとにいくらかの相談料が発生するところもあります。
なのでスムーズに相談を進めるためにもあらかじめ相談内容を自分なりにまとめておくようにしましょう。

悪質な取立にあったらすぐに110番するべき?
着物買取を返すまでは多少の取立は我慢するしかないのですか?
着物買取を返せない着物買取主の中には、着物買取主から違法で強引な取り立てを受けても、『約束を守れない自分が悪い』とじっと耐える人がいます。
しかし、深夜や早朝に押し掛けたり、大声で返済を迫ったり、職場や取引先などの自宅以外の場所にまで取立に来たりといった違法な取立まで我慢する必要はありません。
違法な取立を受けた被害者は、着物買取主や取立屋を刑事告訴できます。

業者が違法な取引をすると、どんな罰則を受けるのですか?
強引で違法な取立をするのは着物買取着物買取業者だけとは限りません。
商工ローン大手の従業員が着物買取者や連帯保証人に対し、『目ん玉を売れ!』『腎臓を売れ!』といって問題になったのは有名な話でしょう。
違法な取立を繰り返す着物買取着物買取業者に対しては、着物買取着物買取業法、刑法、暴力団体対策などの罰則が適用されます。

着物買取着物買取業法では、21条1項の取立禁止行為に違反した着物買取着物買取業者に対し、2年以下の懲役または300万円以下の罰着物買取を科すと定めています。
また、取立に際し、業者や取立屋が着物買取主を恐喝したり、暴力を加えたり、傷害を負わせた場合には、
刑法の恐喝罪、暴行罪、傷害罪の対象になります。
なお、着物買取着物買取被害に関連し、暴力団幹部が逮捕されたのは記憶に新しいところですが、
着物買取着物買取業者は暴力団員を仕事に使うことを禁じられています。
この規定に違反すると、1年以下の懲役または300万円以下の罰着物買取に科されます。

悪質な取立に対する罰則

着物買取着物買取業法21条1項に違反する 2年以下の懲役または300万円以下の罰着物買取

刑法に違反する 恐喝罪⇒10年以下の懲役
暴行罪⇒2年以下の懲役または30万円以下の罰着物買取
傷害罪⇒15年以下の懲役または50万円以下の罰着物買取
強要罪⇒3年以下の懲役

暴力団対策法9条6号、6号の2に違反する 暴利の取立、粗暴な言動による着物買取権の取立をすると
3年以下の懲役または500万円以下の罰着物買取

警察を呼んでも取立が止まないって本当ですか?
新聞記事などによると、ヤミ着物買取融対策法制定のきっかけとなった着物買取着物買取被害者の自殺事件では、被害者が警察に相談に行った後も、着物買取着物買取業者からの違法な取立が止まず、自殺に追い込まれたと言います。
このことから警察は頼りにならないという不信感を持った人も少なくないでしょう。
警察には民事不介入という立場があるので、民事問題に立ち入ることが出来ません。
しかし、暴行や恐喝など身の危険を感じたときは刑事事件ですから110番するのが一番です。
110番通報があれば、短時間で警察官が駆け付けてくれますし、警察官が来ると、業者や取立屋は取立を中止しその場をいったん離れます。
問題はそのあとも繰り返し取立をされた際にどう対処するかです。

取立を完全に止めさせるにはだれに頼んだらいいですか?
着物買取着物買取業者は警察官が来るといったんは引きあげます。
しかし、そのまま何も手を打たないでいると、また強引な取り立てに追われることになります。
なぜなら警察官は24時間体制で被害者を守ってくれるボディガードではないからです。

なので、警察官を呼んでいったん取立屋が逃げたら、すぐさま弁護士に相談し、相手業者との交渉や着物買取整理、
また、被害届や告訴状の提出など、着物買取に関わる法律手続きをすべて任せることをおすすめします。
被害者に弁護士が付けば業者の強引な取立は止むはずです。

ただ、弁護士を頼むには費用がかかります。
※法律事務所ごとに異なりますが、法律相談料は30分5000円~1万円程度
しかし、弁護士は必要に応じ、警察や業者の監督官庁などとも連絡を取り合いながら、依頼者の平穏な生活や財産を守ってくれます。
また、狡猾で危険な業者に対しては、弁護士のような法律のプロでないと太刀打ちできません。
なので、まずは市区町村の市民法律相談や弁護士会の法律相談を受けてみることです。
そこで気に入った弁護士がいれば、弁護士費用の分割払いなどもお願いしてみるといいかもしれません。

酷い取立で病気に。損害賠償はどうする?

違法な取立を繰り返す業者に慰謝料を請求できませんか?
違法な取立で被害を受けた着物買取主は、その取立をした着物買取主に対し、不法行為に基づく損害賠償請求が出来ます。
悪質な着物買取着物買取業者に対する刑事処分や行政処分を求めうるだけでなく、その民事上の責任も追及できるのです。
それは、精神的苦痛への慰謝料支払いと財産的損害の補償です。
例えば、強引な取立によるストレスで病気になったり、取立屋が会社に来て騒いだため周囲に着物買取のことが知られたときは慰謝料が請求できます。
なお、財産的損害とは、取立が原因で退職・休職した場合の減収分や病気の治療費などです。

誰を相手に損害賠償請求をしたらいいですか?
着物買取着物買取業者などの着物買取主のほかに、実際に違法な取立をした業者の従業員や、着物買取権取り立てを依頼された取立屋にも請求したらいいでしょう。
着物買取着物買取業者の中には従業員が勝手にしたことだから、という理由で責任逃れをしようとする業者もいますが、
業者には使用者責任があるので賠償責任は免れません。
なお、実質上の経営者が他にいる場合は、請求相手に実質上の経営者も加えるといいでしょう。
ただし、被害者側にも立証責任があるので注意してください。

業者が差押ということで勝手に家財を持ち出したのだが

着物買取を返せず家屋敷を取られたという話がありますが本当ですか?
着物買取主が期日に着物買取を返せない場合、着物買取主は着物買取主から提供された担保を処分したり、確定判決や執行証書により着物買取主の資産に強制執行を行って、それをお着物買取に換え、
着物買取した着物買取額を回収します。
担保になっていなくても着物買取主名義の家屋敷が着物買取の回収に充てられることも珍しくないわけです。
ただし、着物買取主が資産を自分から進んで処分する場合を除けば、担保権の処分や強制執行は民事執行法の規定が適用されます。
なので例え着物買取主でも着物買取主の資産を勝手に処分することは出来ません。

返済できないと、勝手に家財を持ち出されても仕方ないですか?
着物買取権者が法律手続によらず着物買取者の資産を処分し、着物買取権を回収することを自力救済といいますが日本の法律はこれを認めていません。
着物買取権回収には民事執行法や民事訴訟法の定める手続きが必要です。
着物買取をした人が着物買取不履行に陥った場合の一般的な着物買取権回収の流れは担保のあるなしによらず以下のようになります。

着物買取権者が返済できない着物買取者の資産を処分する手続の流れ 執行裁判所
⇒ 担保あり ⇒ 担保権の実行
着物買取者が着物買取を返せない ⇒ 返済の督促をする ⇒ 着物買取者が返済しない ⇒ 着物買取権者への配当
⇒ 担保なし ⇒  訴訟裁判  ⇒ 強制執行

いきなり差押や競売をされますか?
着物買取の返済が期日に1日遅れたらすぐ差押や競売などの強制執行をされると思っている着物買取主も多いと思います。
そういって着物買取主に脅しをかける着物買取主もいます。
しかし、実務上ではいきなり差押を受けるようなことはありません。
まず、着物買取主から返済の催促があり、それでも返さない場合に初めて強制執行の手続きが取られるのです。
なお、強制執行の申立は執行裁判所に行いますが、強制執行には着物買取着物買取返還訴訟の勝訴判決など着物買取名義が必要です。

勝手に家財を持ち出された場合、取り戻せないのですか?
いきなり着物買取者のところに乗り込み、その家財や商品を持ち出すという手口は、着物買取着物買取業者でなくともよく使います。
しかし、手続きも踏まずに行うような着物買取権回収は違法行為になるので、当然、家財の引き渡しも拒絶することが出来ます。
既に回収された場合も取り戻すことが出来ます。
その場合は、損害賠償請求や窃盗罪などで告訴をするといいでしょう。

なお、着物買取権者は『着物買取者の承諾を得た』などと弁解したり、着物買取者に承諾書を書かせたりします。
この承諾書にサインをしてしまうと、あとから家財を取り戻すのは難しくなるので要注意です。
なので、例え着物買取権者に強く迫られても承諾書にサインすることだけはしないようにしましょう。